「Pythonエンジニア養成読本」を読みました

gihyo.jp

そろそろ本格的にPythonをやってみたいと思っていたところだったので購入しました。
同シリーズでは「Javaエンジニア養成読本」が話題になっていましたね。(そちらは購入していませんが...)
Pythonチュートリアルは一通り読み終わっています。

メモ

第1章 よくわかるPythonの世界

The Zen of Pythonは、Pythonらしさを表す格言をまとめたもの。(参考: The Zen of Python 解題 - 前編 - AtsuoIshimoto's blog)
この本は、既存のプロジェクトを引き継ぐ読者を想定し、Python2系が採用されている。

第2章 これだけは知っておきたいPython言語はじめの一歩

リスト内包表記は、Pythonの強力な機能の1つ。
ファイルを扱う際には、with文を使用する。(Javaだとtry-with-resources文、C#だとusingステートメント)

第3章 開発環境とチーム開発

virtualenvは、プロジェクトごとに隔離された環境を作成するツール。(参考: 今日のPython: VIRTUALENV について)

第4章 PyData入門

行列計算、科学計算、機械学習自然言語処理など、Pythonは幅広い分野をカバーしている。

第5章 入門Webアプリケーション開発

軽量WebフレームワークのBottleを使用したサンプルアプリケーションの作成手順が書かれている。
簡単なアプリケーションならBottleで作成できそう!

第6章 環境構築の自動化

構成管理ツールのAnsibleを使用した環境構築の自動化手順が書かれている。
既にAnsibleを使用しているので、新しい情報はなかったです...

まとめ

Pythonの世界を一通り体験できました!
個別の内容はそれほど詳しく書かれてはいなかったので、気になった部分を別途調べようと思います。

Pythonチュートリアルや他の入門書を読んだ後に読むのが良いと思います。

Hello, Python world! :D

「第1回 teratail Meetup "集まっtail"」に行ってきました

開催から数日経ち、今更感ありますが参加レポートです!

6/11に開催された集まっtailに参加してきました。
交流会の様子やLT大会の様子などは、公式の開催レポートを見ていただいた方が良いと思います!

参加しようと思った理由

勉強会というものに参加してみたいと思っていましたが、怖くて参加できずにいました。
"集まっtail"は交流会ということで、初めて参加するにはこういうイベントが良いかな?と思い参加することにしました。
当日は朝から緊張でやばかったのを覚えています...

交流会の感想

自分から声をかけることが苦手で、ぼっちしている時間が辛かった...
優しい方が声をかけてくださったのでなんとかやっていけました、本当にありがとうございます!

こういう時に自分から声をかけていけるようになりたいですね。

その後も何名かの方とお話ができ、とても充実した時間を過ごすことができました。
また、運営の方とも直接会話することができ、お話を聞いているだけで楽しかったです。

お寿司が美味しかったです。
ごちそうさまでした!

LT大会の感想

アップされているLTのスライドを観ているのと、解説ありで観るのは全然違うなーと体感しました。

どの発表も素晴らしかったのですが、特に「なぜ、アウトプットし続けるのか」は参考になりました。

いつかは自分もやってみたい!と思いましたが、どうでしょうねぇ...

余談となりますが、LIGはリグと読むんですね。
たまにブログ見てるんですが知らなかった...
エルアイジーと読んでました :p

まとめ

IT系のオフラインイベントは初参加だったので、とても緊張しましたがその分良い経験ができました。
次からは同じ失敗を繰り返さないように頑張ります。

次回も参加する予定なので、どうぞよろしくお願いいたします。
お疲れ様でした!

ブログはじめました

初めまして、ryunixと申します。
SIerの下請けでプログラマーやってます。

いつも他のブログから情報を得ていますが、
自分も技術情報などを発信して行きたいと思いブログをはじめました。

最近あまりやっていませんが、teratailで活動しています。
6/11の集まっtailに参加予定です!
参加される方、会場でお会いしましょう!

短いですが、今回はこれくらいで...
(明日はシステム初稼働の立ち会いのため4:30起きなのです...)

今後ともよろしくお願いします!